塾に通うなら個別とグループどちらが良い?

>

学習塾をかえるタイミング

個別型指導塾とは?

個別型指導塾とは講師1人と生徒1人のマンツーマンでの指導か、または講師1人に対し生徒が2人から3人の少人数制を取り入れている学習塾を指します。
個別指導は生徒1人1人に合わせた授業を行うことが可能なため、それぞれの学力や得意不得意分野、学習の進み具合などに合わせて授業を組み立てることができるのが特徴です。
講師の選択も生徒と保護者の希望に合わせることができ、例え相性が悪かったとしても講師を選び直すことができる学習塾がほとんどです。
また、少人数なので講師への質問もしやすく、授業の内容がわからないまま置いて行かれるという心配もありません。
講師側も生徒の学力に合わせて学習予定を組みやすいので効率的な学習をすることができます。

グループ型指導塾の特徴

グループ型指導塾では、同じグループの仲間とライバル関係となることでお互いのモチベーションを上げていくような相乗効果を得ることができます。
成績優秀者やテストなどのランキングを掲示するグルーブ指導型の塾をよく見かけ、これは生徒に競争意識を働かせ、やる気を出させるきっかけとして使われています。
決められた時間で授業が行われるため、遅れることなく一定のペースを守って学習を進めることができ、レベルの高い講師の授業なのでそのレベルに合わせた高水準の授業を受けることが可能です。
講師はいわゆるプロ講師と呼ばれるプロフェッショナルな場合が多いので、質の高い授業を行うことができるのです。
受験対策の情報も豊富で全国模試などにも積極的に取り組んでいるので、生徒の受験に対する学力の現状を把握することができます。