塾に通うなら個別とグループどちらが良い?

>

向き不向きを考えてみよう

自分のペースで学習したい

個別指導型の塾に向いているお子さんは、勉強がもともと好きではなく意欲も少ないなど勉強に対して消極的な傾向のあるお子さんです。
勉強嫌いなお子さんは効率的な勉強の仕方がわからない為に計画を立てることもできずに更にどんどん嫌いになっていってしまいます。
そんなお子さんには自分の学習するうえでの弱点をはっきりと理解し、自分に合った学習法やペースで勉強を進めていくことが大切ですので、マンツーマンで教えてくれる個別指導の塾がお勧めとなります。
また、部活動など勉強とは違うところに重点を置いているお子さんの場合も個別型指導塾が向いていると思います。
他のことに重点を置いていると勉強をする時間が少なくなってしまうので、自分のペースに合わせて教えてもらえるということは大きな利点となるのです。

しっかりと目標を持って勉強がしたい

グループ指導型の塾に向いているのは、受験など何か一定の目標のあるお子さんとなります。
その目標に向かってガムシャラに頑張れることが大切です。
過去に学んできた勉強もきちんと理解しており、これから学ぶことに対しても学習意欲が充分にあり、積極的で周りを気にしすぎたりはしないで講師に質問や発言などがしっかりとできるお子さんでないと授業に置いて行かれてしまう可能性があります。
グループ学習ですのでもちろん他にも一緒に授業を受ける生徒がいるので、他の生徒との競争意識を高めることでモチベーションをあげることができることが重要となります。
また、個別指導とは逆で、勉強時間や講師からの指示に縛られることが多いので部活動などに重点を置いているお子さんには向かないかもしれません。